TOP

風俗店を選ぶ時ってお店の外観で決めてるんですよ!中身は他の人の体験談を見たらわかるから問題なし!

池袋の風俗店では目立たなければ埋もれて潰れてしまう

風俗の競合店が多く、都内でも屈指の風俗激戦区と呼ばれている池袋の風俗街で生き残っていくには、自身の店舗をいかに目立たせるかがキーになってきます。池袋ではおよそ600店以上あり、その中から店舗を有名にしなければいけないので生半可な運営ではまず生きてはいけません。またその600店舗の中でも業種によって難易度は変わります。難易度は変わると言っても難易度が下がる事はないので悪しからず。池袋の風俗店で非常に多いのがデリヘル店なのですが、基本的には若い女の子が中心で運営している風俗店が多いです。中には10代の女の子を中心に採用している風俗店もあり、風俗店のコンセプトが注目度上げることもあるので池袋で風俗店を運営するのであればしっかりとしたコンセプトの元で運営しなければいけません。コンセプトの持たない風俗店は非常に多くありますが、そういった店舗はかなり損をしています。池袋ほどの風俗店舗数をようするエリアになればコンセプトを持たない風俗店は不利でしかありません。大勢選手がいる中で平凡の選手はコンセプトを持たない店舗と考えて、何か能力が突出している選手はコンセプトを持っている風俗店とします。まずこの時点でどちらが目立つかというと、当然何か能力を持っている選手になります。ではその内訳をさらに詳しく見ていくと、足が速い、力が強い、背が高い、技術が高い等それぞれの選手がいます。利用客は監督として、今監督がどんな選手を欲しているか。ここで監督である利用客の篩にかけられます。選ばれればそれに越したことはないですが、何か能力を持っている選手は一応判断基準として見られます。平凡な選手は見向きもされません。ここで大きな違いが出てくるのです。もちろんコンセプトを持たない風俗店でも人気なお店はあります。しかし、それは今までの運営があったからこそ得ている知名度であって最初から上手くいっていないかと思います。最初が肝心とよく言われますが、いい意味で目立つ必要があります。コンセプトを持たせないのであれば可愛い女の子を多数採用して、女の子のルックスでお店を人気にしていく等ではないでしょうか。または価格を池袋の相場よりも安くして、低価格のお店にしていくか。コンセプトとしては激安店になってしまいますが、グランドオープン期間中などにしてキャンペーン価格として打ち出せばいくらでも調整出来ます。風俗店は女性の容姿と身体が商品になります。商品の質が高ければニーズは高まり、利用客も増えますのでまずは人気となる女の子を複数獲得するのが先決と言えるでしょう。



独特の丸みを帯びたボティライン

全てにおいてベストな状態であるデリヘル嬢を知っているととても嬉しいものです。何と言ってもいつでも最高の体験ができるという黄金の切符を手にしているのとおなじようなものなのですからその価値というものは図り知れませんよね。こればかりはその実体験に勝るものは絶対にあり得ません。ここまで言い切っていえるのはそのまさにベストな女の子を知っているからです。ユナちゃんは23才。女性らしい独特の丸みを帯びたボティラインもその可愛い声もそして綺麗なフェイスもその全てがベストを組み合わせているかのような魅力の溢れている女の子です。勿論ですけど性格も最高に優しいんですよ。こんなに褒めたらかえって疑われるかもしれませんが本当の事ですから仕方ありませんよね。さて、こんな可愛い女の子な訳ですからいつも満足してプレイに集中しているのです。もしも、この娘がいなかったらきっとデリヘルを利用する事もなかったのではないかと思うくらいです。


学生時代にはできなかった体験

僕は学生時代いわゆる陰キャラで、彼女ができなかったどころか同級生の女の子と普通に話したことすらありませんでした。でも、思春期だったので当然異性への関心はマックスでした。同級生のパンチラや胸の膨らみを思い出しながらオナニーに耽る毎日でした。現在はもう陰キャラではありませんが、女子学生と触れ合うという貴重な体験ができなかったのはとても悔しいです。そこで僕はコスプレオプション可のホテヘルを探しました。ネット検索で見つけたのがB店です。僕は学生時代好きだった女の子に似ている女性、Nさん(24歳)を指名しました。ホテルで合流したNさんに、早速学生服のコスに着替えてもらいました。僕が学生時代に欲しくてたまらなかった、同級生の女の子とイチャイチャするというシチュエーションが目の前にありました。僕は彼女の制服のボタンを外して胸を揉んだり、スカートをめくってパンツを見たりしました。それだけで僕の股間は張り裂けそうでした。我慢できなくなった僕は、制服を着たままの彼女に指マンしました。クリトリスを弄っていると愛液が溢れてきたので、アソコに指を入れて動かしてみるとクチュクチュといやらしい音がします。そのまま彼女を指でイかせ、そのあと僕も口でイかせてもらいました。28歳になってやっと、学生時代の欲望を叶えることができました。素晴らしい体験でした。