カテゴリー
未分類

CBDを使い続けると「耐性」はつく?

CBDをタバコやアルコールの代わりに使いたいけど、耐性がついては意味がありませんよね。

この記事では、CBD製品の違いによる「パワーの低下」について検証していますが、結論から言うと耐性はつかないとても安全の高いものと言えます。

CBDに耐性はつくの?耐性というか、パワーが落ちてくる

CBDクリスタルだけを溶かした「単一系」を使い続けると、ある時期からパワーが落ちてくることが知られています。

グラフで表すと釣り鐘のようになることから、釣り鐘効果と呼ばれる現象で、使用を一旦やめるとまた効くので耐性と呼べるのかどうかわかりませんが、効かないのに吸い続けてしまうのはちょっともったいないです。

生涯に渡って耐性がつく訳ではありません。

そこがナチュラルの良いところですね、病院の処方薬とは違います。

パワーを落とさず、常用することで健康維持に繋がりやすいとされているのは、単一系ではなくフルスペクトラムです。

フルスペと言えば「+WEED」とかが人気ですね。

フルスペクトラムは、CBDだけの単一系とは違い、テルペンやCBV、CBGなどの豊富な有効成分のおかげで相乗効果が期待できる、コアなユーザーにとっては当たり前と言っても過言ではない「仕様」のことを指します。

ただまぁ、アルコールとの相性が良かったりするので、ついつい毎日吸いまくっちゃうとパワーはどうしても落ちてきてしまいますけどね。(CBDには「酔う」作用はありません)

カラダが慣れすぎてしまうというか、表面上の効果は薄れるのは、どの製品に限らずなので、やっぱりちょっとやめてみたり、スポーツやサウナで軽く汗を流したりすれば、スグにCBD感は戻ってきますよ。

ちなみにCBDには依存性や習慣性がありません。

これは7年間使い続けている私自身の体験でもあり、WHO(世界保健機関)が安全性を保証した根拠でもあります。

cbdはニコチンより断然安全性が高い

CBDはニコチンタバコのように、1時間に何本も吸ってしまうような危険性はありません。

たとえ、パワーが落ちてくるような、耐性のようなものを感じたとしても、ついつい気がついたら吸ってしまうような状況にはなりません。

ちなみにCBDをタバコの代わりに使える!と評価しているのを見かけますが、実は理にかなっていて、習慣性だけでなく、効能的にも吸いたい欲求を減らすことが、欧米の研究でわかっています。

耐性がついてしまうというより、パワーは落ちてくることはありますが、いったん辞めるとまたあのCBD感は戻ってくるので、大丈夫ですよ。

カテゴリー
未分類

CBDで寝起きの良さがアップするって本当?

CBDって睡眠にはいいらしいけど、朝の寝起きは良いのか気になるところです。

ユーザーの多くの方が寝起きが良くなったと答えていますが、実際のところはどうなのかご紹介していきますね。

上手いこと使えば、朝もスッキリで気持ちよく起きられますよ。

CBDで寝起きスッキリ!

CBDはレム睡眠を抑える効果が期待されているため、深い眠りになりやすいことが知られています。

そのため、多くのユーザーも朝のスッキリ感を実感できているようです。

睡眠は普通、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しますが、レム睡眠が長くなると眠りが浅くなり、朝に疲れが残ってしまいます。

摂取量は経口用、気化用ともに一緒で5〜100mgを目安として使うことが推奨されています。

まぁでも100mgも使うことは稀で、20mg前後を目安に自分に合った量を続けることで、寝起きの感じの違いを実感できるはずです。

ちなみに経口オイルの味が苦手、って方は気化用のリキッドやカートリッジを使うといいですね。

食後とか食前とか関係ないのもメリットです。

特に最近はCBDカートリッジが主流になりつつあって、そのワケは圧倒的に使い方が簡単だからです。

通常、リキッドやワックスはアトマイザーを別で購入しなければいけませんが、カートリッジであればアトマイザーにリキッドが充填されているので、使い捨てるだけなので楽々です。

またカートリッジの特徴として、充填されているリキッドが超高濃度なので、ちょっとでしっかりCBD感を実感できるのもいいですね。

寝起きの変化を期待するなら、寝る前に吸いたくなりますが、ちょっとの刺激で済むので、睡眠を妨げません。

最後にCBDを使う注意点ですが、授乳中の方は使用を控えた方がいいです。

まだまだ研究段階なので、CBDがお子さんに与える影響が未知数な部分があります。

寝起きの良さをアップさせる方法は他にもあります。

例えばヨガとかストレッチでも血行がよくなるので、寝つきがよくなるので、CBDを使わない方法を見つけて頂ければと思います。

まとめ

CBDを続けると寝起きへの変化を実感できるのは、研究でも明かになっています。

まずは経口用で試すといいと思います、刺激が少ないので。

ただ味が苦手な人は、最近の人気でもあるCBDカートリッジ系を試してみるのも1つの手ではないでしょうか。

で、授乳中、妊娠中の方はCBDに頼らず、ほかの方法を試して頂ければと思います。

カテゴリー
未分類

CBDの健康被害が気になるって方へ

CBDオイルってポジティブな効果だけが目立っているように感じませんか?

確かに、これから病院でも処方されるようになる可能性が高いほど、世界的に注目されているサプリメントなので、期待以上の恩恵を享受できる可能性は高いです。

でも逆に健康被害の可能性はないのか、気になるところです。

実は可能性としては100%は否定できません。ですが、見落としがちなのが、その可能性は低いのです。

(問題はまるで可能性が高いような広告)

実際にどんな悪影響が予想されるのか、じっくりご紹介していきます。

CBDオイルで健康被害に合う可能性はある?

cbdオイルは、簡単な使い方にも関わらず、健康へのリターンが大きいことで欧米を中心に人気のサプリメントですが、少なからず健康被害の可能性が知られています。

まず肝臓で酵素と結合して、抗凝血剤の効果を変化させて、結果的に服用量が増えてしまう可能性があると言われています。

ただ、可能性は低いことがわかっているので、過剰に心配必要はなく、かかりつけのお医者さんと相談して続けていけば、安心して使えますよ。

また個人的な体験として、喘息を悪化させるのかについて実験したことがあるのですが、ワックス系なら大丈夫でした。

Vape用のリキッドだと咳込んでしまいごく稀に悪化してしまうことがありましたが、CBDそのものの効果ではなく、咳き込んでしまうことが原因でした。

ちなみにRDAタイプのVapeにしたら、スムーズになったので、リキッドでも咳き込むことなく吸えるようにありますよ。

また健康被害とまではいきませんが、運転する際に眠くなってしまうことがあるので、マナーとして徹夜明けで運転するときなんかは気をつけて頂きたいと思います。

運転前には肌用のCBDクリームにするとか、運転前2〜3時間は吸わないとか、効果を状況に照らし合わせて使って頂ければと思います。

まとめ

健康被害が起こる可能性はゼロではありませんが、WHO(世界保健機関)が安全性を発表したように、安心して使えるものであることは、私の体験からも間違いありません。

大事なのは、もし健康被害が現れても摂取量を調整することで、たいていの場合はなんとかなるということです。

過剰に心配せず、じっくり使い続ければ、健康への効果を十分に実感できるはずです。

できれば1週間から数ヶ月をメドにじっくり続けていくことが、健康への近道なのは言うまでもありません。