カテゴリー
未分類

CBDで寝起きの良さがアップするって本当?

CBDって睡眠にはいいらしいけど、朝の寝起きは良いのか気になるところです。

ユーザーの多くの方が寝起きが良くなったと答えていますが、実際のところはどうなのかご紹介していきますね。

上手いこと使えば、朝もスッキリで気持ちよく起きられますよ。

CBDで寝起きスッキリ!

CBDはレム睡眠を抑える効果が期待されているため、深い眠りになりやすいことが知られています。

そのため、多くのユーザーも朝のスッキリ感を実感できているようです。

睡眠は普通、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しますが、レム睡眠が長くなると眠りが浅くなり、朝に疲れが残ってしまいます。

摂取量は経口用、気化用ともに一緒で5〜100mgを目安として使うことが推奨されています。

まぁでも100mgも使うことは稀で、20mg前後を目安に自分に合った量を続けることで、寝起きの感じの違いを実感できるはずです。

ちなみに経口オイルの味が苦手、って方は気化用のリキッドやカートリッジを使うといいですね。

食後とか食前とか関係ないのもメリットです。

特に最近はCBDカートリッジが主流になりつつあって、そのワケは圧倒的に使い方が簡単だからです。

通常、リキッドやワックスはアトマイザーを別で購入しなければいけませんが、カートリッジであればアトマイザーにリキッドが充填されているので、使い捨てるだけなので楽々です。

またカートリッジの特徴として、充填されているリキッドが超高濃度なので、ちょっとでしっかりCBD感を実感できるのもいいですね。

寝起きの変化を期待するなら、寝る前に吸いたくなりますが、ちょっとの刺激で済むので、睡眠を妨げません。

最後にCBDを使う注意点ですが、授乳中の方は使用を控えた方がいいです。

まだまだ研究段階なので、CBDがお子さんに与える影響が未知数な部分があります。

寝起きの良さをアップさせる方法は他にもあります。

例えばヨガとかストレッチでも血行がよくなるので、寝つきがよくなるので、CBDを使わない方法を見つけて頂ければと思います。

まとめ

CBDを続けると寝起きへの変化を実感できるのは、研究でも明かになっています。

まずは経口用で試すといいと思います、刺激が少ないので。

ただ味が苦手な人は、最近の人気でもあるCBDカートリッジ系を試してみるのも1つの手ではないでしょうか。

で、授乳中、妊娠中の方はCBDに頼らず、ほかの方法を試して頂ければと思います。